NOMOS Glashütte(NOMOS Glashutte – ノモス・グラスヒュッテ)

nomos

ノモス・グラスヒュッテ

グラスヒュッテは、ドイツの時計産業の発祥の地であるドイツのザクセン州にある町です。

15世紀から鉱業が盛んなところでしたが、次第に銀や銅鉱石が尽き始め、この地域の人々はあせり始めていました。

そこで1845年、ザクセン王フリードリヒ・アウグスト2世は、時計技師のマイスターであるフェルナンド・アドルフ・ランゲ氏を派遣。

時計作りの手法を人々に教えると同時に、エンジニア・工具製作者・ダイアルや針、ケースの製造者という生産区分の時計産業を興すことで、新しい時代もたらすという使命を与えました。

こうして伝えられた時計づくりの知見と専門知識はより強く育ち、二度の戦争と東ドイツ時代による大打撃を受けながらも、グラスヒュッテの産業として強く残り続けました。

この小さな町の名前は、現在では世界で有数の優れた時計の代名詞となっています。

ノモスはこの街で1990年に設立され、2007年には最も複雑な機構の一つといわれるトゥールビヨンを搭載したムーブメントを製作するなど、新興ながら高い技術力を持ったブランドです。

ノモスのポリシー

ノモスは機械式時計にこだわってムーブメントから自社で一貫して生産している、こだわりの強いブランド。

グラスヒュッテにあるノモスのアトリエでは、今でもマイスターによる手作業で、グラスヒュッテの伝統技法に基づいて時計づくりをしています。

ノモスのマイスターが機械を使用するのは、1/1000mm以上の精度を必要とするような、手作業ではできない範囲のみです。

時計業界の革命児

ユニークな特性、優れた品質、手作りと伝統技術への愛をその中に宿して時代を超えてきたノモスは、その一方で常に現代的でもあります。

2014年にはムーブメントの心臓部である脱進機(エスケープメント)を独自開発し、スウィングシステムと名づけました。

機械式時計の心臓部であるこの部品はそれまでスイスの時計産業が独占供給していましたが、ノモスが自社製造できるようになったことで、業界に激震が走ったのです。

コレクション

ノモスには「コレクション」と呼ばれるコンセプトが何種類かあります。

いずれもドイツらしい「合理主義・機能主義」でシンプルなデザインの機械式時計が揃っています。

タンジェント

これこそがノモス・グラスヒュッテです。

ラウンドケースと多くの直角で構成されており、グラスヒュッテの時計製造会社らしさを体現しています。

25年間にわたるベストセラーであるタンジェントは、デザインクラシックとして定番のシリーズとなっています。

アウトバーン

新たな日付機能付きムーブメント「ネオマティック・キャリバー」用に洗練されたデザインの腕時計。

クリアなフォームと鋭いカーブ、画期的なディスプレイ、パーフェクトな表面。

完璧なフォームを追求した文字盤とケースは、ドイツのエンジニアリングとグラスヒュッテの時計職人の技術の証です。

放射性物質を含まない夜光塗料「スーパールミノバ」によって暗闇でも明確に時間を表示します。

アホイ

20気圧(200メートル)の防水性を確保された、強さと美しさを兼ね備える時計です。

ケースバックは6つのねじで完全に固定され、ねじ込み式リューズ、リューズガードで高度な密閉性を保っています。

「スーパールミノバ」によって、薄暗い深海であっても文字盤の視認性を確保できます。

オリオン

長らく手巻きの腕時計しかないシリーズでしたが、近年自動巻きの腕時計も登場しました。

クリアで上品なラインにより、際立った美しさを誇るエレガントなデザインとなっています。

シンプルで美しい、すべてがミニマムなデザインの腕時計です。

クラブ

最も堅牢なノモスウォッチの1つで、他のモデルよりも少しスポーティでカジュアル、活動的な印象を与えます。

優雅さと軽やかさを備えた時計で、ビジネスシーンでも見栄えの良さは抜群です。

ノモスの自社製ハイエンドキャリバーが刻々と正確に時を刻みます。

タンゴマット

クラシックモデルである「タンジェント」のわかりやすいデザインとクリアーなラインの真価を認めるが、しかし飽き足らない。

そんな人々にとっては、より堅牢なケース、より大きな直径、および自動巻きキャリバーを持つビッグブラザーのような存在のタンゴマットがおすすめです。

この時計の精度と巻き上げ効率は高く評価されており、デザインに関しても多くの賞を受賞しています。

チューリッヒ

受賞歴を誇るクオリティをさりげなくリストに。

ベルトはホーウィン社製シェルコードバン。

複雑なメカニクスを秘めたエレガントなデザインが、ひときわ強い印象を与えます。

テトラ

スクエアなシルエットが特徴的。

テトラは機械式時計としては非常に薄く、ベルトが取り付けられているラグのバーは極めて繊細です。

これは両側が二重構造になっているためで、より細いベルトを採用することが可能となっています。

ミニマティック

時計の原型とも言えるデザインでありながら、どの時計よりもエレガントでスレンダーです。

ミニマティックは、ノモスグラスヒュッテが開発、製造するハイエンドのキャリバーDUW3001を搭載した時計。

グラスヒュッテの素晴らしいクラフツマンシップと少しのハイテクノロジー、最高峰の工業デザインが融合された逸品です。

メトロ

デザインコンペを勝ち抜いた、洗練され精密で現代的なシリーズです。

リューズには極めて繊細なダイヤモンドローレット加工が施されています。

パワーリザーブ・インジケーター付き、大きな日付表示、ミントとレッドの繊細なディティール。

驚くほど短期間のうちに、すべての重要なデザイン賞を獲得しました。

ラックス

エレガントでモダンでありながら、伝統あるグラスヒュッテの真髄です。

ラックスは、光・透明度・輝きを表すラテン語で、このモデルのキャラクターを完全に表しています。

18Kローズゴールドやホワイトゴールドの美しさ。

このノモスウォッチは、グラスヒュッテで作られた時計の中でも最高峰の逸品と言えます。

ラドウィッグ

エレガントで知的なラドウィッグモデル。

ソフトな印象のケース側面は非常に平らでなめらかな小石のようですが、ラグはあなたの手首にぴったりフィットする角度をもっています。

文字盤にローマ数字を採用する、唯一のノモスウォッチです。

ラムダ

このゴールドに輝く時計は、腕時計作りに人生とすべての時を捧げるマイスターによる、グラスヒュッテの歴史上でも最高のものとされます。

文字盤は鉛筆で描いたのような繊細さ、ノモスキャリバーは美しいサンビームポリッシュ、ゴールドシャトン、手作業で面取りされたエッジ。

ホーウィン社製シェルコードバンのベルトは、へり返し縫いとクッション付きで、ソリッドゴールドの美しいウイングクラスプを装備しています。

ノモス・グラスヒュッテの腕時計 ピックアップ

タンジェント 33(122 TN1A1W133)

このレディースウォッチは、わずか直径33ミリメートルという最高のプロポーションを備えています。

高い評価を得ている手巻きアルファキャリバー搭載。

この時計に特に適した、柔らかいベロアレザーのベルトを備えた先駆的な時計です。

アウトバーン・ネオマティック 41 デイトスポーツグレー(1303 AB161011SG2)

レーシング・モデルの3つのタイプである「アウトバーン」は、グレーの背景に青を組み合わせ、ネオン・オレンジの針をあしらっています。

大胆なデザインで自信にあふれる個性的な腕時計。

デザイナーのヴェルナー・アイスリンガーが目指したのはただ一つ、「スポーツウォッチの新たなアーキタイプ」を創り出すことでした。

スレンダーな溝淵、人目を惹くクラウン、大胆な文字盤が使用されています。

アホイ ネオマティック(560 AH130011W2)

アホイの少し小さなサイズは、ノモススウィングシステムを搭載した超薄型自動巻キャリバー「DUW3001」によって実現しました。

サファイヤクリスタルガラスのケース背面から、そのキャリバーを見ることができます。

20気圧防水、リュウズガード、裏蓋も6点ネジ留め。

直径36ミリの中にエレガント、スポーテイー、そしてクラシックのすべてが詰まっており、ダイビングにも耐えます。

オリオン・ネオマティック 41 デイトミッドナイトブルー(363 OR161013BL2)

エレガントなミッドナイトブルーが新登場。

オリオンには長い間手巻きの腕時計しかありませんでした。

極めて薄型のムーブメントでなければ、ステンレススチールの上品にカーブしたケースに収納できなかったからです。

ネオマティックキャリバーが自動巻きになったことで日付機能を搭載。

直径41mmの極めて薄型のオリオンを輝かせます。

クラブ(701 CL1A1W1)

スポーテイーで若々しくて自由。

ケースはステンレススチールでサファイヤクリスタルガラスを装着。

白銀仕上げの文字盤の上でとても目立つ針が時を刻んでいます。

タンゴマット(601 TN1E1W2)

ノモスのクラシックモデル「タンジェント」に似ていますが、大きくて何よりも自動巻キャリバーであることが特徴的です。

ノモス初の自社製自動巻キャリバー「DUW 5001」を搭載しており、サファイヤクリスタルガラスのケース背面から見ることができます。

チューリッヒ(801 ZR1E3W2)

世界のどこにいても家にいるような感覚を持っている男性のためのワールドウォッチです。

シルバーホワイト、ケースの曲線、ラグのフォルム、エレガンスな文字盤がモダンなクラシックタイプです。

デザイナー「ハンス・ウェッツスタイン」がノモス・グラスヒュッテのためにデザインした腕時計で、彼の拠点「チューリッヒ」がその名の由来です。

テトラ 27 DUO(405 TT1A1W1L)

秒針のないエレガントなモデル。

一辺の長さが27mmというコンパクトさです。

より細い手首に美しくフィットします。

ミニマティック(1203 MM130011W2)

正確さと陽気さが同居するミニマティックは、完璧なフォルムで高い精度を持ちます。

手巻きモデルのようにスレンダーなのは、高い精度を持つノモス自動巻キャリバー「DUW3001」を搭載しているからです。

白銀仕上げの文字盤にシアンブルーの差し色が美しく、わずかにアヴァンギャルド(前衛的)な印象を加えます。

メトロ デイト パワーリザーブ(1101 MT1D4W2)

若々しく、洗練され、それでいて「一貫してグラスヒュッテ」です。

ぜんまいの巻き上げ残量を知らせるパワーリザーブインジケーターが、デザイン上の大きな特徴にもなっています。

針は羽の先端のように細く、文字盤のインデックスはカラフルです。

ラックス エルミネ(940 LU3DT3LG2)

ローズゴールド、グレー、クリームのマスターピース、そして18カラットのゴールド製ウィングド・バックル。

しかし表側から見えるそれらは、この時計の美しさの半分に過ぎません。

テンプ受けに手彫りされた“Lovingly produced in Glashütte”「グラスヒュッテより愛を込めて」のメッセージなど、隠された裏側に真の美しさを秘めた、ジュエリーそのものと呼べる腕時計です。

ルートヴィヒ(201 LD1A2W1)

線路のようなマーカーとローマ数字でデザインされたクラシカルな文字盤。

シリアスな腕元を飾る大人の時計です。

そのステンレススチールのケースはスマートで伝統的、そしてなめらかです。

ゼンマイを巻き上げる毎朝の儀式が愛好家にはたまりません。

青焼きの針は近代的な雰囲気を感じさせますが、そこに革命的なものはなく、あくまで伝統的です。

ラムダ ホワイトゴールド(933)

18カラットのホワイトゴールド、細かく描かれた文字盤、テンプルブルーの針。

ラムダホワイトゴールドは非常に細かく美しいモデルです。

余裕のあるパワーリザーブインジケーターは、ゼンマイの巻き上げ残業を示しています。

ツインゼンマイバレルを備えた手作りのキャリバーは、グラスヒュッテの時計製造のすべての特徴を備えています。

姫路でノモス・グラスヒュッテの販売店をお探しならタナカへ

姫路市でノモスの腕時計をお探しのお客様は、姫路みゆき通りのタナカまでご来店ください

実際に商品をご覧になってお選びいただけます

姫路の各交通機関からアクセスしやすい時計店です

当店はJR姫路駅前から姫路城の前までずっと繋がっているみゆき通り商店街の中、ヤマトヤシキ姫路店跡のすぐ近くにございます

JR・山陽電車・神姫バスなどの公共交通機関からご来店されやすいところです
店舗案内ページで地図をご覧いただけます)

姫路市・たつの市・相生市・赤穂市・高砂市・加古川市など沿線の方はもちろん、近くにコインパーキングもございますので、お車でお越しの周辺地域の方もぜひご来店ください(提携駐車場ではございません)

お気軽にスタッフへお声がけください

ご来店の際はぜひ当店スタッフへお声がけください

創業約60年の当店スタッフが、最適な一本を選ぶお手伝いをいたします

  • FORTIS